2011年10月20日

マンボウ 0cean sunfish



マンボウ0cean sunfish
最大で全長3.3 m、体重2.3 t にも及ぶ。
世界最大の硬骨魚のひとつ。

manbow2 Sunfish.jpg

sunfish という英名は、
時折海面に体を横たえた姿のマンボウが見られることがあり、
その丸い体が浮かんでいる様が太陽のようであることからついた。

この海面に体を横たえる行動は、
日光浴による殺菌・カモメなどの海鳥に寄生虫を取ってもらうため、
と考えられている。

全世界の熱帯・温帯の海に広く分布。
マンボウのメスが一度に産む卵の数は約3億個にも達するといわれ、
最も多く卵を産む脊椎動物とされる。

マンボウは世界中に4種類。
鱗はほとんどない。
クラゲ類を食べる。
「まんぼう」の「まん」は「丸い」、「ぼう」は「魚」を表す。

近年の研究により、
マンボウの生息の場は深海にまで及んでおり、
表層から水深800m程度までの間を往復していることが明らかになった。

手で触ると手の跡がそのまま付くくらい皮膚が弱い。
泳ぎが下手なため、
自ら水槽の壁に体をぶつけて弱ってしまう。
水族館での飼育は一般的に困難と言われる。

驚いたことに、
寄生虫を振り落とすため海面からジャンプし、
着水の衝撃で自ら死に至る事もあるらしい。

manbow1.jpg
遠近法があるにしても、大きいですね。

飼育困難とされながらも、
以下の水族館でマンボウは見れます。

葛西臨海水族園
アクアワールド茨城県大洗水族館
京急油壺マリンパーク
鴨川シーワールド
海遊館
名古屋港水族館
志摩マリンランド
越前松島水族館
マリンピア松島水族館
市立しものせき水族館
マリンワールド海の中道
大分マリーンパレス水族館
登別マリンパークニクス
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。