2009年08月11日

【長野県】小諸市動物園



小諸城址懐古園内にある動物園。
1926(大正15)年の開園で長野で一番古い歴史を持つ。
小動物を中心に、チンパンジーやツキノワグマなど77種類余りの動物が飼育。

設立は1926年(大正15年)と長野県最古で、明治初期の諏訪山動物園(神戸)、明治15年の上野動物園(東京)、大正7年の東山動物園(名古屋)、大正4年の天王寺動物園(大阪)などに次ぎ、小規模ながら非常に古い歴史のある動物園。
当初は日本ザル1種の飼育であったが、現在は約80種余りの飼育を行っている。

moon bear.jpg

◎主な飼育動物
テナガザル
イグアナ
ムーアモンキー
ライオン
ツキノワグマ
チンパンジー
ヤクシカ
(wiki引用)

小諸城の城跡である懐古園内に立地する風情溢れる動物園。園内は、小諸城址の変化に富んだ自然環境が生かされており、その地形を活用して、ヤクシカを自然に近い状態で飼育しているのが特徴。他には、ムーアモンキーやフンボルトペンギンが人気。隣接して遊園地や藤村記念館、徴古館、小山敬三美術館、郷土博物館などの施設も充実している。(goo引用)

【ふれあいメニュー】
年に数回「ふれあい動物園」「ふれあい飼育体験」等がある。
→ ここで要確認

【基本情報】
□営業時間
8:30〜16:30

□休業日
水曜日

□料金
大人300円
小人100円

□住所
長野県小諸市丁311懐古園

□電車
しなの鉄道またはJR小海線「小諸駅」徒歩10分

□電話番号
0267-22-0296

全国おすすめ動物園一覧
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。