2009年08月10日

【神奈川県】野毛山動物園



緑が繁った敷地は約3万3千平方メートル。
広場や休憩所があり、ゆったりできる。
キリン、レッサーパンダなど約100種を飼育。
入場無料。
動物たちとふれあえる「なかよし広場」ではモルモットやヒヨコの他に、季節によってはヘビにも触ることができる。

guinea-pig-s.jpg

ライオン、アムールトラ、ジャガー(黒変種)、キリン、チンパンジー、ペンギンなど100種類以上、1,000点以上の動物を擁しており、都心部の動物園としての飼育数はかなり充実している。(wiki引用)

みなとみらい21地区を見下ろす高台にある、緑豊かな野毛山公園内にある動物園。
入園無料でありながら、その展示数は約104種1123点を数え、また園内は手入れが行き届いており、開園以来、地域住民に愛され続けている。(goo引用)

小高い山を登った野毛山公園内にある動物園。
今も昔も横浜市民をはじめ、多くの人々の「いこいの場」として親しまれている。
ライオン、キリンなどの大型動物の他にもレッサーパンダ、ペンギンなど人気の動物から爬虫類まで様々な動物が約100種展示されている。
また、モルモットなどとふれあえる「なかよし広場」も人気。(yahoo引用)

◎主な飼育動物
レッサーパンダ
キリン
ケツメリクガメ
ライオン

【ふれあいメニュー】
モルモット・ハツカネズミ・ひよこなどとふれ合える「なかよし広場」がある。
「なかよし広場」は午前9時45分〜午後4時15分まで
※11時45分〜12時15分、14時15分〜14時45分は動物交替と清掃時間。

ここの分園として、こども自然公園内(横浜市旭区)に「万騎が原ちびっこ動物園」がある。
そこにはコンタクトコーナー(ふれあい広場)が設けられており、モルモットやハツカネズミなどの小動物と触れあい可能。

【動物たちのお食事タイム】
毎日開催(各動物舎前にて実施)
13:15〜レッサーパンダ
13:30〜チンパンジーフタコブラクダ
15:30〜フンボルトペンギン
15:45〜猛獣舎(トラ・ライオン)

日曜日
14:00〜 爬虫類館(ワニ)

【基本情報】
□営業時間
9:30〜16:30
(入園は午後4時まで)

□休業日
月曜日
(祝日の場合翌日)
※5・10月は無休です。

□料金
無料

□住所
神奈川県横浜市西区老松町63-10

□電車
JR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅下車徒歩15分
京浜急行「日ノ出町」駅下車徒歩10分 

□電話番号
045-231-1696

全国おすすめ動物園一覧
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。