2012年08月02日

動物園ニュース 2012/8/2




米動物園のパンダが高齢出産、6回目で過去最多記録に
‎ロイター
米カリフォルニアのサンディエゴ動物園で29日、ジャイアントパンダの「白雲」が自身6回目となる出産を無事終えた。出産の回数としては過去最多。白雲は20歳と高齢のため、リスクが高いとされていたが、約3時間をかけて無事に出産した。生まれた赤ちゃんパンダは体重110グラムほどだという。動物園の広報は、「赤ちゃんの泣き声が聞こえた時、獣医はほっとした様子だった」と語った。

旭山動物園からフラミンゴ逃亡!海で発見、捕獲へ
‎スポーツニッポン
北海道旭川市の旭山動物園からヨーロッパフラミンゴが逃げ出し、約120キロ離れた石狩湾沿いの小樽市の海岸で26日までに発見された。旭山動物園の坂東元園長らが同日夜、網を使っての捕獲に乗り出した。フラミンゴはこの日、水辺で餌を探しながら、自由を謳歌するように飛んだり歩いたりして海岸沿いを移動。同じ地域にずっととどまっていたため、坂東園長らは辺りが暗くなり夜目が利かなくなるのを待ち、捕獲に着手した。動物園は「羽が伸びてしまっていた。注意不足だった」としている。動物園によると、フラミンゴは人間に危害を加えることはないが、十分に餌がとれなければ衰弱する恐れがあるという。

野毛山動物園からガビアルモドキが来園 -北海道・札幌市円山動物園
‎マイナビニュース
札幌市円山動物園(札幌市中央区宮ヶ丘3番地1)では、7月23日、横浜市野毛山動物園からガビアルモドキの幼体2頭が来園した。この2頭は、2011年年3月に種の保存法違反で警察署に摘発保護された個体で、一時的に野毛山動物園で保護預かりをしていた。

フラミンゴVS旭山動物園 おとり作戦スタート
‎北海道新聞
旭川市旭山動物園は31日午後、同園から逃げ出したヨーロッパフラミンゴの捕獲作業を、紋別市のコムケ湖で始めた。同園のフラミンゴ3羽をおとりにしておびき寄せ、水中に沈めた網に足が絡んで動けなくなったところを捕獲する。

夜の動物園 驚き満載
‎朝日新聞
横浜市内の3動物園で、夜も開園する「夜の動物園」が人気を呼んでいる。いずれの動物園も26日までの毎週土、日曜日と13日に予定。閉園時間は午後8時30分になる。 よこはま動物園ズーラシアの入園は午後7時まで。ゾウ、ライオンなどが見られ、花畑がライトアップされる。野毛山動物園の入園は午後8時まで。ライオンやトラが間近で見られ、飼育員や獣医師の説明が聞ける。金沢動物園の入園は午後7時30分まで。キリン、コアラなどが見られ、「カブトムシの森」では夜行性のため活発になっているカブトムシに触れることができる。

かみね動物園:ゾウのうんちで紙作り 日立 /茨城
‎毎日新聞
ゾウのうんちを利用したペーパー作りが1日、日立市のかみね動物園で開かれ、事前に申し込んだ親子連れが人気者の「スズコ」「ミネコ」のうんちを原料にしたペーパー作りを体験した。夏のイベントとして企画され、今年で3回目。

ひな18羽 元気に成長 いしかわ動物園のライチョウ
‎中日新聞
いしかわ動物園(能美市)は二十六日、特別天然記念物ニホンライチョウの飼育技術を学ぶため育てている近縁種「スバールバルライチョウ」のひなのふ化が次々と成功し、十八羽まで増えたと発表した。

野毛山動物園の水玉模様のカメ人気
‎47NEWS
横浜市立野毛山動物園(西区老松町)が4年連続で絶滅危惧種「ハミルトンガメ」を繁殖させた。国内で唯一、成功している動物園で、ことしは7月30日までに計9頭がふ化。元気に泳ぎ回る子ガメの姿が来園者の人気を呼んでいる。

茶臼山動物園で「よろいを身につけた動物たち」展
‎信濃毎日新聞
茶臼山動物園の企画展「よろいを身につけた動物たち」が、27日から園内のレクチャールームで始まる。9月2日まで「防御」をテーマに甲羅やトゲなど「よろい」を身に着けた動物を飼育展示し、その生態を紹介する。

カバで被害カバー 府警が京都市動物園でひったくり「防止PR大使」委嘱式
‎MSN産経ニュース
ひったくりゼロを目指す府警は、京都市動物園(京都市左京区)のカバのツグミちゃんをひったくり防止PR大使に任命し29日、同動物園で委嘱式を行った。

飼育員は大変 いしかわ動物園 サマースクール
‎中日新聞
小学生が動物の飼育体験をするいしかわ動物園(能美市徳山町)の「サマースクール」が二十七日、開かれた。子どもたちは獣舎の掃除や餌やりを通じて飼育員の苦労を学んだ。 北陸三県の小学校三年生から六年生までの二十七人が参加。

よるの動物園スタート
‎十勝毎日新聞
おびひろ動物園(緑ケ丘2、高橋利夫園長)で27日、「よるの動物園」が始まった。日中には見ることのできない動物たちの生態を見ようと、初日から家族連れなどでにぎわった。29日まで。 普段は午後4時半までの開園時間を、期間中は同9時まで延長する。

須坂市動物園でカピバラが公開(長野県)
‎日テレNEWS24
須坂市動物園では、大人気の“癒やし系”動物、カピバラの一般公開が始まった。埼玉の動物園からやってきたのはメスの「華」ちゃん。カピバラはネズミの一種で、その大きさは世界一といわれる。

触って大きさ実感 迫真オブジェ登場 王子動物園
‎神戸新聞
神戸市立王子動物園(灘区王子町3)に28日、本物そっくりのキリンとリクガメの甲羅のオブジェがお目見えした。入園者は手触りや形を本物と比べ、興味津々だった。子どもたちに動物の大きさや形を実感してもらおうと製作。

アドベンチャーワールドが1位 「行ってよかった動物園」
‎わかやま新報オンラインニュース
世界最大の旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」が発表した「行ってよかった動物園&水族館ランキング2012」で、2年連続1位に選ばれていた北海道の「旭山動物園」を抑え、白浜町のアドベンチャーワールドが1位に躍り出た。 アドベンチャーワールドは国内最多となる8頭のパンダを飼育している他、遊園地やイルカショーなどを複合させたテーマパークだ。投稿の中には「双子のパンダがすごくかわいい。いつまで見てても飽きません」「素晴らしいとしか言いようのない充実の施設」などの声が多数寄せられている。同園業務課の職員は「投稿していただいた方に感謝。これからもご支援いただけるよう努力してまいります」。県の観光イメージキャラクター「わかぱん」の起用や、タレント岡本玲さんのわかやまパンダ観光大使への任命など、パンダで県の観光をPRしている県観光連盟は「非常に光栄なこと。連携してきた結果だと思う」と話している。

ヤギを背に乗せ人気のロバ、老衰で死ぬ 福知山市動物園
‎両丹日日新聞
福知山市猪崎・三段池公園内の市動物園で飼育され、ヤギを背中に乗せ人気者となっていた雌のロバが26日に死んだ。イノシシのウリ坊と子ザルのミワちゃんの「ミワウリ」に続く人気コンビとして話題となっていた。 午前中に、おりの中の日の当たる所で寝ていたため、職員が日がきつくなって弱ってしまってはかわいそうだと、小屋の中に入れたが、昼過ぎに外に出てきて、倒れたところを来園者が見つけた。獣医師の検死の結果、死因は老衰と判明した。

レッサーパンダ:赤ちゃん誕生 名前募集も 鯖江・西山動物園 /福井
‎毎日新聞
鯖江市桜町3の西山動物園は、レッサーパンダのチャタ(雄、10歳)とミンファ(雌、6歳)の間に雄の赤ちゃんが生まれたと発表した。公開は9月末ごろの予定で、同園は同月1日から愛称を公募する。8日に生まれ、体長21センチ、重さ400グラム。
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。