2012年06月30日

動物園ニュース 2012/6/30




パンダ妊娠か 動物園は注意深く観察
‎NHK
上野動物園のメスのジャイアントパンダの「シンシン」が特定のホルモンが上昇するなど、妊娠の兆候を示していて妊娠している可能性があることが分かりました。ただ、妊娠と同じような現象が現れる偽妊娠の可能性もあり、動物園は注意深く観察を続けることにしています。

円山動物園に1千万円 1月死去 元高校教師の工藤さん
‎北海道新聞
札幌市中央区の円山動物園のチンパンジー「レディ」に会いに毎日のように通い続け、今年1月に亡くなった北区屯田の元教師工藤桂一さん(享年67歳)が動物園のために役立ててほしいと残した1千万円が、友人を通じて市に寄付された。

フラミンゴ、記録更新中 神戸の動物園、繁殖トップ
‎MSN産経ニュース
神戸市立王子動物園が1983年以降、毎年フラミンゴの自然繁殖に成功し、累計550羽を超える国内トップの繁殖記録を更新中だ。

モフモフひつじの毛が刈り終わってスッキリ! 上野動物園
‎マイナビニュース
上野動物園の「子ども動物園」では、現在コリデール種のヒツジを4頭飼育。コリデール種は、毛が生え替わることがなく伸び続けるため、暑い夏が来る前に毛刈りをする必要がある。本年も5月初めから6月初めにかけて、3頭のヒツジの毛刈りを行った。

ひるがの湿原動物園、ホタルが舞う時期に合わせ、初めての夜間開園実施
‎マイナビニュース
ひるがの湿原植物園(岐阜県郡上市)はホタルの舞う時期に合わせ、7月7日〜15日の9日間、夜間開園を実施する。また、7月7日の七夕と連休の7月14・15日には、「ひるがの高原ナイトウオーク」も同時開催する。

教員対象に「授業のヒントに!! 動物園活用法」参加者を募集-上野動物園
‎マイナビニュース
上野動物園、多摩動物公園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園では、7月と8月、教員を対象としたセミナー「授業のヒントに!! 動物園活用法」を開催する。動物園・水族館ならではの観点から、教育の場での動物園活用法を紹介する場となる。

マレーグマ赤ちゃん30日公開 東山動物園
‎中日新聞
東南アジアの森林に生息し、絶滅が危ぶまれているマレーグマの赤ちゃんが東山動物園(名古屋市千種区東山元町)で生まれ、すくすく育っている。誕生時に四百グラムほどの体重は、三カ月で六キロに増加。三十日に一般公開する。

京都市動物園・ゴリラ赤ちゃんに名前
‎朝日新聞
昨年12月に生まれたニシゴリラの赤ちゃんの命名式が24日、京都市動物園(左京区)であり「ゲンタロウ」と発表された。

絶滅危惧種のカンガルー急死 よこはま動物園ズーラシア
‎MSN産経ニュース
よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)は、同園で飼育していた絶滅危惧種のセスジキノボリカンガルーの雄、ブーメラン(13)が肺炎のため死んだと発表した。

上野動物園パンダ「シンシン」に妊娠の兆候 7月3日から展示中止へ
‎ORICON STYLE
上野動物園は26日、ジャイアントパンダの「シンシン」(メス)が妊娠の兆候があるとして、7月3日より展示を中止すると発表した。シンシンの健康状態は以前と変わらず良好だが、妊娠前に減少するとされている食欲が落ちており、乳頭も大きくなっていることを確認。

カバを群れで飼育・展示 熊本市動物園で計画
‎読売新聞
国内最多となる4頭のカバを飼育している長崎バイオパークは「(群れ飼いは)これまで国内の多くの動物園が夢見たが、実現できていない。じゃれ合うカバをぜひ見たい」と激励していた。

一日動物園体験:トラやペンギンと間近に「交流」 20人が餌やりなど飼育
‎毎日新聞
京都市動物園(左京区)でこのほど、一般の人が飼育係の仕事を体験する「一日動物園体験」が開かれ、抽選で選ばれた16〜45歳の20人が参加した。飼育係の仕事を体験することで動物や園に親しみを持ってもらう目的で、04年から毎年行われている人気のイベント。参加者らは、間近で見るライオンやゾウの迫力に魅了されていた。

姫路市立動物園:ボリビアリスザルとアカカンガルー
‎毎日新聞
姫路市立動物園で、ボリビアリスザルとアカカンガルーの赤ちゃんが生まれた。

大牟田市動物園:「リラ」よろしくね 子の雌ライオン
‎毎日新聞
大牟田市昭和町の市動物園に子供の雌ライオン「リラ」がお目見えし4日から公開されているが、当初のそわそわした様子は消え、おりにつるされたタイヤに飛びついて遊ぶなど、来園者の視線にも慣れたようだ。雨にぬれるのは苦手なようで、梅雨の現在は、おりの奥の階段で寝そべっていることが多いという。

「センセン」「カクカク」 中国、石原知事のパンダ命名発言に不快感
‎MSN産経ニュース
東京都の石原慎太郎知事が上野動物園のジャイアントパンダについて、尖閣諸島(中国名・釣魚島)を念頭に「子どもが生まれたら、センセンとかカクカクと名付けたらいい」と述べたことに対し、中国外務省の洪磊報道官は29日の定例記者会見で「石原(氏)は日中友好関係を壊すことを懸命に策謀している」と述べ、強い不快感を表明した。
【動物園ニュースの最新記事】
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。