2012年05月15日

変わった動物たち CAMA(キャマ)




これはヒトコブラクダです。
Arabian-Camel.jpg

これはラマです。
llama11.jpg

これを掛け合わせたものがキャマ(CAMA)です。
cama02.jpg

キャマ(Cama)はラクダとラマのhybrid(混合種)です。
アラブ首長国連邦のドバイで、
ヒトコブラクダとリャマとの間の人工授精により生まれました。

ヒトコブラクダの体重はリャマの6倍と、体格差が非常に大きいため、交配は人工授精によりました。
キャマ(Cama)はラクダの短い耳と長い尻尾を受け継いでいますが、ひづめはラマから受け継いでいます。
最も特徴的なのはこぶが無いことです。

最初のキャマは雄で、1998年に生まれました。
成長するにつれ大変気難しい性格を持っていることが明らかになったようですが、
それがこの雑種固有のものなのか、それとも人工飼育の結果によるものなのかは不明のようです。

cama01.jpg

その後2002年に人工授精により2頭目のキャマ(雌)が生まれています。
リャマもラクダも74本の染色体を持つためキャマは生殖能力を持っている可能性があり、
将来品種改良によってリャマよりも体格、肉と毛の収量、積載量に優れ、
ラクダよりもおとなしい家畜を作り出すことが期待されているそうです。
(wiki参照)
タグ:キャマ cama
【変わった動物達の最新記事】
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。