2012年05月15日

動物園ニュース 2012/5/15




徳山動物園に再びゾウを・・・商議所が募金活動へ
‎読売新聞
2月に急死した「マリ」に代わる新しいゾウの飼育、展示に向け、徳山商工会議所青年部が15日から募金活動を始める。来年3月末まで。

上野動物園パンダの妊娠チェック、現段階は「目立った変化なし」
‎ORICON STYLE
上野動物園は15日、妊娠が期待されるジャイアントパンダ「シンシン」の近況を発表した。現段階では妊娠の兆候となる行動や食欲などに変化は見られず、ホルモン値も「目立った変化は認められない」という。

円山動物園のトド アクアマリンふくしまに“嫁入り”
‎スポーツニッポン
札幌市の円山動物園で人気のトド「ラーズ」が福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまに“嫁入り”することになり12日、園内で送る会が開かれた。子供たちが好物のホッケをプレゼントした。

天王寺動物園にゆるキャラ
‎秋田経済新聞
天王寺動物園野外ステージで2012年5月13日、「新世界・通天閣 100周年応援イベント」が催され、ゆるキャラ10体が登場した。

宮崎県鳥コシジロヤマドリ、フェニックス動物園で展示
‎読売新聞
愛鳥週間が始まった10日、県鳥のコシジロヤマドリが県から宮崎市フェニックス自然動物園に贈られ、雄1羽の展示が始まった。

フラミンゴひな餌おねだり 神戸・王子動物園
‎読売新聞
神戸市灘区の市立王子動物園で、ヨーロッパフラミンゴのひなが誕生し、親鳥に餌をねだる愛くるしいしぐさを見せている。10日から愛鳥週間が始まる。

インコのお家だよ/池田動物園
‎朝日新聞
愛鳥週間の中日となる13日、岡山市北区京山2丁目の池田動物園で、来園者が60羽いるボタンインコ用の巣箱作りをした。

ニシゴリラ:人気者の赤ちゃんに会いに行こう 京都市動物園 /京都
‎毎日新聞
昨年12月に京都市動物園(左京区)で生まれた日本生まれ初の4世となるニシゴリラの赤ちゃん(雄)が9日から一般公開され、来園者の人気を集めている。人工飼育から親元に戻すための訓練の一環で、1歳を迎える頃には、母親と同居できることを目指す。

美しすぎるサルの花嫁、12日から公開 ズーラシア
‎MSN産経ニュース
横浜市旭区のよこはま動物園ズーラシアで、色彩の鮮やかさから「世界一美しいサル」とも呼ばれる絶滅危惧種、アカアシドゥクラングールの雌「ワニ」が、12日から一般公開される。シンガポール動物園から貸与され4月に来園。国内で唯一飼育している雄2匹との繁殖に、関係者は期待を寄せている

とべ動物園で写生大会 ペンギンなど人気
‎愛媛新聞
第25回とべ動物園写生大会が12日、砥部町上原町の県立とべ動物園であり、親子連れら1000人を超える参加者が、お気に入りの動物の絵を画用紙いっぱいに描いた。 砥部町教育委員会や愛媛新聞社などが主催で、県内全域から小中学生を中心に参加。

高崎山に2大アイドルが“デビュー”
‎大分合同新聞
大分市の高崎山自然動物園で、背中や腕に珍しい白い毛を生やした2匹の子ザルが観光客の注目を集めている。1月から新聞やテレビで紹介され始めた「ピーちゃん」と、市の初代観光大使が名付け親の「さしこちゃん」。生まれた年も月も同じで共通点は多い。

ハクチョウ:ヒナ4羽誕生「かわいい」
‎毎日新聞
和歌山公園動物園(和歌山市一番丁)で10日、コブハクチョウのヒナが4羽誕生した。

フラミンゴのひなすくすく 神戸・王子動物園
‎神戸新聞
神戸市灘区の市立王子動物園で、生まれたばかりのフラミンゴのひなが親にえさをもらったり、小さな羽をふるわせたりして愛らしい姿を見せている。

野毛山動物園のアビシニアコロブスの赤ちゃん死ぬ、オナガザルの一種
‎カナロコ(神奈川新聞)
横浜市立野毛山動物園(西区老松町)で4月から一般公開されていたオナガザルの一種・アビシニアコロブスの赤ちゃん(雌)が9日、死んだ。死因は調査中。

“セーター脱いで”夏モード 高岡古城公園で羊毛刈り
‎中日新聞 - 4 日前
夏の訪れを前に、高岡市の高岡古城公園動物園で十日、飼育している羊の毛刈りがあり、職員たちが雌の「キララ」をさっぱりと“衣替え”させた。 暑さ対策のため年一回実施。

前代未聞の“落とし物” 神戸・元町駅で迷いフクロウ
‎スポーツニッポン
神戸市立王子動物園や近隣の動物病院に確認したところ、フクロウはアオバズクという種類と分かった。全長約15センチで茶色に白が交じり、雌雄は不明。人家近くの森や、比較的都会にも現れるという。野生と見られることや、持ち主からの届け出がないことから、専門家とも相談し自然に戻すことを決めた。

カンガルー4匹 4時間逃げる
‎NHK
カンガルーは、動物園などに納入するために国内で繁殖されていたものだということです。貿易会社によりますと、9日夕方に従業員がカンガルーのおりを閉めた際、留め金をかけ忘れたということです。 貿易会社は「動物を扱う業者として、非常に申し訳なく思っています。今後、再発の防止を徹底したい」と話しています。
【動物園ニュースの最新記事】
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。