2009年08月12日

【兵庫県】王子動物園



神戸市立王子動物園(こうべしりつおうじどうぶつえん)は、兵庫県神戸市灘区の王子公園内にある動物園。関西三大動物園のひとつ。

明治時代初頭に開園した諏訪山動物園(1946年閉園)を前身とする。1950年に開催された日本貿易産業博覧会(神戸博)の跡地を利用して1951年3月21日に現在地に移転・開園した。
ジャイアントパンダ・コアラ・アムールトラ・アムールヒョウ・ユキヒョウなどの希少動物をはじめ144種、826点の動物たちが飼育展示されている。

Ailuropoda melanoleuca2.jpg

ジャイアントパンダのコウコウとタンタンのほか、国内でも珍しいアジアゾウ(インドゾウ)の赤ちゃん「オウジ」などが人気を集める。 なお現在、日本で唯一ジャイアントパンダとコアラを同時に見ることができる動物園。(wiki引用)

人気者のジャイアントパンダがいる王子動物園では、インドゾウやコアラなど約150種800点の動物たちと出会える。園内には、動物とふれあう「動物とこどもの国」や、動物の不思議を楽しく学ぶ施設「動物科学資料館」、異人館「旧ハンター住宅」(館内公開4月・8月・10月)、遊園地もある。(yahoo引用)

◎主な飼育動物
ジャイアントパンダ
ヒツジ
ヤギ
ワオキツネザル
レッサーパンダ
コアラ
オランウータン
カピバラ
ホキョクグマ
シロサイ
ゴリラ
キリン
オウサマペンギン
ケツメリクガメ
ライオン
カバ
ウサギ

【ふれあいメニュー】
◎ホッキョクグマのドボンタイム
飼育係員がプール内に餌を投げ込み、餌を食べたり泳いだりする様子が見れる。
実施日時:毎週火・木・土曜日 午後1時10分から約10分程度
実施場所:ホッキョクグマプール

◎コアラのガイド
飼育係員が来園者にコアラやユーカリに関する解説をする。
実施日時:毎週日曜日の午後2時ごろ(開始前に園内放送あり)
実施場所:コアラ舎出口付近

◎リスと小鳥の森の動物達
神戸を代表する六甲山系の渓谷を再現し、エゾリスやサクラブンチョウなどの小鳥が放し飼いされた中を、散歩しながら通り抜けることができます。

◎どうぶつふれあい広場
ふれあいタイム
モルモット、ウサギにふれあえます。

7月1日〜9月30日
第1回目 10:30〜11:00
第2回目 13:10〜13:30
第3回目 15:10〜15:30

10月2日〜11月30日
第1回目 10:20〜10:50
第2回目 13:10〜13:30
第3回目 15:00〜15:20

※雨の日は中止です

【基本情報】
□住所
兵庫県神戸市灘区王子町3-1

□問い合わせ
078-861-5624

□アクセス
阪急「王子公園駅」から西へ徒歩3分、またはJR神戸線「灘駅」から北へ徒歩5分

□開園時間
9:00〜17:00

11月〜2月
9:00〜16:30
(入園はいずれも閉園の30分前まで)

□お休み
水曜日
(祝日の場合は開園)

□料金
大人(15才以上)600円
中学生200円
小学生以下無料

全国おすすめ動物園一覧
【関西のおすすめ動物園の最新記事】
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。