2009年08月09日

【北海道】旭川市旭山動物園



あの有名な、日本最北の動物園。
137種、716点いる動物のうち約半分が北方圏の動物。
ホッキョクグマの泳ぐ姿や、クマの足元から覗くことなども可能。
他の動物園とは動物の動きが全然違う。

動物の自然な生態が見られる行動展示(後述)を実施して、
一躍有名になった。
近年では北海道を代表する観光地として定着し、
日本国内だけではなく海外からも数多くの観光客が訪れている。

penguins.jpg

1997年以降は入園者数が増加している。
2004年6月の「あざらし館」公開以降は7月は18万5461人、8月は32万1500人と、恩賜上野動物園を抜いて日本一の月間入園者数を記録した。
2006年度の入園者数は300万人を超え、
350万人の来園者があった上野動物園に次いで国内2位、
世界レベルでも上位の入場者数を誇る。

寒冷地域に生息する動物の飼育繁殖に実績があり、旭山動物園が国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した動物にホッキョクグマ、アムールヒョウ、コノハズクなどがある。

【行動展示】
動物の姿形を見せることに主眼を置いた「形態展示」ではなく、
行動や生活を見せる「行動展示」を導入したことで注目を集めた。
ペンギンのプールに水中トンネルを設ける、ライオンやトラが自然に近い環境の中を自由に動き回れるようにするなど、動物たちが動き、泳ぎ、飛ぶ姿を間近で見られる施設造りを行っている。

冬のペンギンの運動不足解消から始められた散歩は人気イベントで、
積雪時に限り毎日開催される。
このほか、食事時間を「モグモグタイム」と題し、
動物の行動を展示する催しも行われている。

【混合展示】
異なる動物を同じ場所で飼育する「混合展示」も新たな取り組みとして試みられている。
現在はゴマフアザラシとウミネコ・オオセグロカモメ、ジェフロイクモザルとカピバラの混合展示を行っている。
過去にはペンギン館でアザラシの仔を飼育していたことがあるほか、
マルミミゾウとモモイロペリカンの混合展示もあったが、
ゾウが死亡したため、現在はペリカンのみの展示となっている。
動物同士のストレス解消などの狙いがあるが、2005年8月29日にオープンした「くもざる・かぴばら館」で、カピバラの餌に手を出したジェフロイクモザルが喧嘩の末に死ぬという事故が発生。
飼育や展示方法の難しさを改めて浮き彫りにした。(wiki引用)

日本最北のこちらの動物園では、
積雪シーズンにしか見ることのできないペンギンの散歩が人気。
例年3月中旬頃まで行っているが、
最北の寒い土地柄にもかかわらず多くの家族客で賑わっている。
他にも、北海道ならではの道産動物、エゾユキウサギ、キタキツネ、エゾタヌキなども必見。(goo引用)

猛獣の匂いまでも感じられるほど近くで観察できる「もうじゅう館」、ペンギンの素早い動きを水中トンネルから観察できる「ぺんぎん館」、夏期には地上16mの空中散歩が観察できる「おらんうーたん館」、ホッキョクグマのダイナミックな泳ぎを見られる「ほっきょくぐま館」、円柱水槽を通る「あざらし館」など動物の生き生きした表情・行動を十分に見られる施設がそろう。
2009年4月29日には、新施設「エゾシカの森」完成予定。
また、「もぐもぐタイム」では飼育係の解説を聞きながら動物の行動や餌を求めて移動する様などを観察できる。(yahoo引用)

◎主な飼育動物
ワオキツネザル
レッサーパンダ
オランウータン
カピバラ
ゴマフアザラシ
ホキョクグマ
シロサイ
ニホンザル
キリン
オウサマペンギン
ケツメリクガメ
ライオン
カバ

【ふれあいメニュー】
◎こども牧場ふれあい時間割
うさぎ、モルモット、アオダイショウ等とふれあえます。

◎もぐもぐタイムスケジュール
(ふれあいとは異なりますが、
以下の時間割で餌を与える所が見れます)

10:00 ニホンザル
10:30 ぺんぎん館
11:00 ほっきょくぐま館
11:30 あざらし館
11:45 オランウータン
13:30 ニホンザル/オランウータン
14:30 ほっきょくぐま館
15:00 オランウータン
15:15 あざらし館
15:30 ほっきょくぐま館
16:00 ぺんぎん館

↓当日のスケジュールについては、旭山動物園の携帯サイトで要確認。

1.jpg

【基本情報】
□営業期間
夏期2011年4月29日〜2011年11月3日
冬期2011年11月18日〜2012年4月8日
(休業期間があるのでご注意を!)

□営業時間
夏期 9時30分〜17時15分 (入園は16時15分まで)
夜の動物園 9時30分〜21時00分 (入園は20時まで)
冬期 10時30分〜15時30分 (入園は15時まで)

□休業日
無休
(10月下旬・4月中旬は休園あり)

□料金
大人(高校生以上)800円
小人(中学生以下)無料

□住所
北海道旭川市東旭川町倉沼

□電車
JR旭川駅から旭川電気軌道バス(41・42・47番)「旭山動物園行き」乗車約40分

□電話番号
0166-36-1104

全国おすすめ動物園一覧
【北海道のおすすめ動物園の最新記事】
スポンサードリンク


しぐさ恋愛男心
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。